脂肪吸引による減量を選択するメリットとデメリット

脂肪吸引を選ぶメリット

減量をする方法はいくつかありますが、その中で脂肪吸引の手術を受けて減量をした場合はそれ以外の方法にはないメリットがあります。基本的に食事制限や運動によるダイエットはすぐに目標の体重まで減量する事はできません。しかし脂肪吸引は20キロや30キロといった減量目標でもすぐに減らす事が可能なのです。また食事制限やダイエットの為の運動を行っていくのは大変な事ですし、精神的な負担もかかります。脂肪吸引の場合は手術時の負担こそかかりますが、継続して長期間減量の為の負担がかかる訳ではないのがメリットと言えます。さらに脂肪吸引による減量では部分痩せが運動や食事制限による減量を簡単に行えるので、痩せたい部位の脂肪を狙って除去する事もできます。

脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引による減量のデメリットは費用が運動や食事制限による減量と比べると費用がかかる事がまず挙げられます。特に脂肪吸引は保険適用外の施術なので、費用が高くなります。脂肪吸引は即効性は高いですが、手術してその日のうちに日常生活に戻れる訳ではありません。そのためある程度脂肪吸引手術を受ける前後に時間を入院ができる時間を確保する必要があるのです。脂肪吸引は体から直接脂肪を除去していくので、体に負担がかかります。術後に脂肪吸引した場所の痛みが長く続いたり、痺れが慢性的に出てしまう事例もあるので、健康へのリスクが少なからずあるのもデメリットです。また吸引した場所の見た目が悪くなる事もあって健康被害が出なくても手術した結果が思っていたものとは違う事もあるので、注意するべきです。

品川美容外科の2chについて詳しく