ハリがあってプルプルの肌をキープしたいなら、コラーゲンを補おう

肌のハリが重要視されるのはなぜ?

若いころは当たり前のように弾力があって潤いを感じさせる肌も、加齢による影響から逃れることはできません。老化した肌は弾力がなくなり、顔全体の皮膚がたるんでいきます。たるみが目立つ肌だとどうしても見た目が老けてしまうので、化粧品や美容ドリンクでも、肌に弾力を与えてくれる成分がどれだけ配合されているかが重視されるんですね。

老化で減ったら、その分は外から取り入れてみよう

肌のハリや弾力の鍵となるコラーゲンですが、体中の至る所に存在しています。肌の成分の約7割はコラーゲンなんですよ。お肌のエイジングケアにとって、コラーゲンがいかに重要なのかが分かりますね。コラーゲンは、自分の体の中で作り出せるものの、その産出能力も老化と共に衰えてしまいます。ただでさえ紫外線のせいで分解されてしまうのに、困ったものですよね。不足する分は食品や美容サプリメント、ドリンクなどで補いましょう。コラーゲンを含んでいる食品は、肉類やサーモンにウナギなど、たくさんあります。夏ならウナギのかば焼きなどを食べてスタミナをつけながら、コラーゲンを補うようにするといいでしょう。コラーゲンを摂取する時に注意したいのが、ただコラーゲンを摂るだけではたるみケアとしては不十分だということです。体内に入ってきたコラーゲンは、一旦分解された後で再合成されます。この再合成の過程で必要なのがビタミンCなのです。ビタミンCは自分で合成することができないので、サプリメントなどから補ってくださいね。

品川美容外科の2chについて調べる