顔脱毛をするとこんな効果が!ニキビのない美肌へ

毛穴つまりを予防できる

ニキビの主な原因は、皮脂やメイクなどの汚れが毛穴につまることです。毛穴の中のアクネ菌が汚れなどの油分を吸収して繁殖しすぎると、その増えすぎたアクネ菌を処理しようとして免疫システムが働き出します。その過程で肌に炎症や化膿が引き起こされてしまい、ニキビができるというわけです。ストレスやホルモンバランスの崩れがニキビの原因となるのも、体調が変化することにより皮脂の分泌が増えてしまい毛穴がつまるからです。顔脱毛をすれば産毛がなくなる分、毛穴が引き締まるため毛穴に汚れがつまりにくくなり、ニキビを予防できます。

自己処理による肌トラブルから解放される

ニキビができるのは、産毛処理をすることによる肌トラブルが原因となっている場合もあります。自己処理はカミソリですることが多いですが、その場合、角質も産毛と一緒に取ってしまいます。すると、肌が乾燥や炎症を起こしやすい状態になってしまいます。仮にカミソリが汚れていれば、雑菌が繁殖しやすくなり、肌を守るため皮脂の分泌が増えたり角質が厚くなる肌トラブルにもなりかねません。顔脱毛をすれば、自己処理の煩わしさから解放されるだけでなく、肌トラブルから発生するニキビを予防できます。

肌の活性化でニキビをできにくくする

顔脱毛に使われる光は、もともとはフォトフェイシャルで肌細胞を活性化させるために利用されていたものです。フォトフェイシャルに使われている過程で、その光が産毛の脱毛にも効果があることが分かったため、脱毛に使われるようになったのです。つまり顔脱毛は、肌細胞の活性化によるターンオーバー促進、コラーゲン生成量の増加などフェイシャルエステと同様の効果があります。ニキビの予防はもちろんですが、美肌効果を実感できるでしょう。

品川美容外科の判例について詳しく